キッチンから、次のステップへ

キッチンのサイズは色々だけど、

とにかくモノが多かった。

 

 

 

大きなモノでは、

遠赤外線魚焼き機から、パン焼き機

ホットサンド焼き機、ワッフル焼き、たこ焼き機

かき氷、ハンドミキサー、ミキサー、ジューサー

冷凍庫、コーヒーメーカー、ホットプレート、電気鍋、etc

ケーキの型や、クッキーの型、密閉容器は数知れず、

 

blog_import_539125bb5e289

 

寿司桶に蒸し器、干し物ざる、お盆類、

コースターや、ランチョンマット・・・はあ、もう思い出せない。

 

 

 

こんなモノ達をいったいどうやって収めていたのでしょうか?

はい、溜め込み、収めるのは得意でした。

天井に近い棚やキッチンの横には、家事室を作り、

そこに食品など共に、ちゃんと収まっていたのです。

 

 

 

 

子供達が小さい時は、本当になんでもやっていたのだな

と、思います。

 食べさせることに、ほとんどのエネルギーを使っていましたね〜。

我が家のエンゲル係数も異常に高かった。

 

 

 

調理やおやつにあれこれと工夫したつもり・・、

調理器具をあれこれ買い足して作っていたのは・・・よくやった!

でも、もう、子供達が成長し、とっくに終っているのに、

そのモノ達が手放せていなかったのは・・・なぜ?

断捨離では、それを考えることを知りました。

 

 

 

 

過ぎたことは、よかったことも、つらかったことも

ひとつひとつカタをつける・・・片づけですね。

子育てというひとつの人生のプロセスに

ちゃんと終止符をうってみる。

そうすると、新しい未来がやってくる。

そう、思えました。  キッチン断捨離から・・・。

 

今は、もう、お鍋のみ。

 

DSCF0064

 

 

 

 

 

断捨離乙女組がシェアしてくれたモノ達。

 

IMG_2762

 

そう広くないキッチンの流し回りスペースに

立派なケース達が鎮座! 場所取る〜。

 

 

image

 

 

 

DSC_1010

 

だれでも一度は使ってみたい圧力鍋と、クリアーなボール。

 

 

 

 

キッチンには、いえ “食” に、女たちは、

苦心して、思いをかけてきた。

そこは、家族の成長変化にあわせて、

変化すべきだったようです。

その変化に、母は、追いついていけなかったのでしょうね。

なんだか、キッチン断捨離から、「飯炊き当番」返上して

これからの自分を考え出しましたよ。

 

 

 

 

 

◆8月5日(火) 福岡「断捨離をはじめてみよう!」10:00~12:00

      http://urx.nu/9Upo

 

◆9月4日(木),10日(水),25日(木)

    「スッキリ・キッチリ学ぼう断捨離」実践3回コース

                           http://urx.nu/9UpA

 

 

 

ランキングに参加しています。

応援のポチっ

ありがとうございます。

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村

 

  にほんブログ

 


関連記事

  1. 朝ごはん抜きの「朝家事」

  2. 雛祭りの日

  3. 呼吸をよみがえらせた家②

  4. 私の新年始まりました。

  5. やましたひでこ著「家事の断捨離」シェア会 in 福岡

  6. 2015断捨離祭りの翌朝