空間に、たった1本の線で世界が始まる

2016.09.14

鉄筋彫刻!の音楽家達

img_5605

 

たった一本の線で

そこになかった空間を創り出す。

 

img_5608

 

右手が・・・宙に浮いている?

ああ、モヤモヤする〜!

 

img_5606

 

左側の鉄筋が切れていて「ない!」ところが、

わさわさして、なんともいい。

 

 

 

 

やましたひでこ公認

      チーフ断捨離トレーナー檀 葉子です。

 

 

 

 

空間って不思議ですよね。

何もない。 けれど何かがある。

たった1本の線で縁取ることで

その空間は、そのことで、意味を持ち広がる。

そこに新しい世界が生まれる。

 

 

 

 

なにも置かれていないテーブルに

鉛筆が1本置かれる。

ここは、学習の場・・・となる。

 

 

 

 

ここにお皿が置かれる。

ここは、食事の場・・・となる。

 

 

 

 

ここのお花が置かれる。

ここは、癒しの場・・・となる。

 

 

 

 

何もない空間に、たった一つなにかを置く。

それから、広がるイメージの世界がある。

 

 

 

 

引っ越してきた時には、なにもなかった部屋に

一つ一つモノが置かれる。

なにも置かれていない場所に、モノが一つ置かれる。

 

 

 

 

それは何? それはどんなモノ? 

どんな感情でそこにある?

もし、放置されているモノだったら・・・。

そこことから、この空間に

どんな世界を生まれるのだろう?

 

 

 

 

 

老子が言っていました。

「家は、空(カラ)だから有効なのだよ」

何もない空間に、柱を建て、壁を塗った

その囲いの枠組みだけで、家ができたのだと。

本来、家は、カラだからいいのだと。

どんな暮らしも、人生も産み出すことができるから。

 

 

 

 

2014年、やましたひでことペルーに行った時のこと

 

p10901091-300x225

新しい町の建設中でした。

 

p10901101-300x225

 

家は、こうしてむしろで囲っただけなのです。

ここに、人が住む。

ここから、必要なモノが置かれ、

暮らしが生まれてくるのですね。

そして、ここは、いつか町となり、

大きな都市となっていくのです。

 

 

 

 

最初は、何もない空間に一本の線を

引いたところから・・・世界が始まる。

 

 

 

 

断捨離は、この「何もない空間」に戻ってみよう。

そして、そこに自分の思うモノ一つから、

自分で世界を創り始めることを教えてくれました。

 

だから・・・いざ、人生の再構築だ!

 

 

 

 

※関西の実践コースは、めったいない日曜日の開催。

お勤めの方にチャンスです。

3ヶ月に渡り、じっくり実践いたします。

「スッキリ・キッチリ学ぼう断捨離」実践3回コース

※鹿児島

9/22(木)・29(木)・10/13(木)

お申し込みはこちらから

https://goo.gl/N8o7Mx

※関西

・平日コース10/26 (水)、11/3(木)、11/14(月)

・日曜日コース 10/16 、11/13 、12/11  

お申し込みはこちらから⬇

goo.gl/waEPzk

 

※福岡10月のコース

10月20日(木)27日(木)11月10日(木)

詳細とお申込み⬇

http://goo.gl/3FLr5Y

 

◆断捨離が始めてという方に 「断捨離®を始めてみよう。」

 10月14日(金)  10:00~12:00

お申込み  http://danshari-dan.com/lp/201503/ 

 

いろいろな断捨離ブログが楽しめます。

ランキングに参加しています。

応援のぽちっ!

ありがとうございます。

  ⬇

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離トレーナーへにほんブログ村