喪服は、どうしてますか?

2016.11.28

今朝、ラジオで、今年はもうすでに

インフルエンザが流行だした。

と、話していました。

と同時に、本日の小倉の実践コースの受講生さんから、

インフルエンザのため欠席します。

とのメール。

yjimage

 

もう、すぐそこに・・・。

ほんとに今年は、早いのかもしれません。

ひとえに、自己管理が大切ですね。

 

 

 

 

やましたひでこ公認

      チーフ断捨離トレーナー檀  葉子です。

 

 

 

 

昨日、親戚の訃報のあったこと

ブログにアップしたら、

関連あるご質問をいただきました。

 

 

 

 

以前、私は、喪服を断捨離して

もっていないと、書いたことがあります。

今回はどうするのだろう?と

思われたのでしょう。

 

 

 

 

その時は、黒のスーツを持っていますので、

黒のブラウスとそれを着ます。

 

 

 

 

現在は、

黒のブレザー、

黒のパンツ、

黒のスカート、

黒のセーター、

黒のコート。

が、日常に活躍していますので、

特に黒の装いには、苦労しませんね。

 

 

 

 

昨年、断捨離をお手伝いした60代の方のお宅は、

クローゼットの中に

7号〜11号の喪服がありました。

体型が変わってきて、その時にあったサイズを

次々と買い足してあったのです。

でも、めったに着ないモノだから、痩せたらまた困る。

そうして、以前のもそのままとってあったのです。

 

 

 

 

まあ、私も10年前の夏の喪服は、

すでにサイズがあいませんでした。

おまけに、カビが生えていましたので、

一度も着ていなかったけれど、手放しました。

 

 

 

 

きっと、喪服を持っていたとしても、

訃報が入って、出して見てビックリ!

きっと慌てる状況であったと思います。

 

 

 

 

それでも、やっぱり喪服でないと・・・と思った時は、

近所のデパート、大型スーパーで

いつでも売っています。

そこに、預けている、置いてもらっている。

と思っています。

それで、対応いたします。

 

 

 

 

付け加えるならば、花嫁道具として、

喪用の着物(夏・冬)

喪用の洋服(夏・冬)コートまで、

揃えて持たされた過去があります。

ほとんど、着ずに終わりました。

その時代は、それらは結婚と同時に準備しておくもの

たしなみだったのでしょうね。

大変な荷物でしたね。

 

 

 

 

※2017年新春「断捨離®講演会」

〜断捨離で運気アップ〜

2017年1月8日(日)13:00~15:00

参加費 2000円

都久志会館にて。
http://tsukushi-kaikan.jp/access/

申込みフォーム⬇

https://ws.formzu.net/fgen/S49099715/

2017%e5%b9%b4%e6%96%b0%e6%98%a5%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%98%e6%97%a5%e6%96%ad%e6%8d%a8%e9%9b%a2%e8%ac%9b%e6%bc%94%e4%bc%9a

 

いろいろな断捨離ブログが楽しめます。

ランキングに参加しています。

応援のぽちっ!

ありがとうございます。

  ⬇

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離トレーナーへにほんブログ村