セミナーその後2

私はシャーリー。
生きていく限り、断捨離は続く。
モノ、情報は文化的に生きていくためには必要不可欠。
いままで錆びたセンサー頼りに取り込んできたものは、
結局は、わが身に付かずごみ化している。
その量は、エベレストの山のごとき。
 
それを片付けようとするのは、なんの訓練もせずエベレスト登頂をめざすごとき、無謀だ。

まず初心者コースから、トレーニング積んでエベレスト登るぞ。
昨日の気分は、5月から過激に「捨」して筋トレしたせいかなぁ。
センサーの錆びが一部剥げ落ちてる感じ。

断捨離って一生続くのだけど、その過程でいろんなことが起こってくるから
おもしろい。
一生って聞いて うへ~~って思ったが、なんか起こるっておもしろそうって
気を取り直す。

今、エベレストのベースキャンプまできて、
山見上げて、そうか、こんなに高いのか、ううう。
頂上は雲に隠れて見えない。

しかし、登っていく途中で、初めて見る高山植物や 動物達に遭遇しそう。
また、他の登山者さんと出会いそう。

そんな、わくわく感も感じる。
てか、今は筋トレ、テニスだったら素振り・・断捨離って体育会系?・・だ。


関連記事

  1. 片づけ&掃除は、愛の表現。

  2. 溜まった感覚わかる。

  3. まってました!! プチ断捨離マラソンinGW

  4. 他人に迷惑をかけてもいいんじゃあない。

  5. 取材ノート「断捨離で、心も体も健康に!」

  6. 進化を続ける断捨離ベーシック「引き算のアンソロジー」