ヒトとは、距離感を持って。

ごきげんさまです。
断捨離正規トレーナーだんようこです。

NAIさんは、ご主人が単身赴任で日々お姑さんと暮らしている。

断捨離セミナーに来られた頃は、お姑さんとのことを悩んでいた。
そのせいか体調もすぐれなかった。

フォローアップセミナーで、なるべく外に出て、距離をおくようにと言われた。

え~、いいんですか?

もともと、行動的だったNAIさん、 お姑さんの目が気になって
出かけることに自ら制限をかけていた。

自ら制限を外した。

なるべく外に出かけた。
体調も良くなる。
お姑さんとは、一緒に断捨離したり・・・。

今は、2ヵ月お姑さんが親戚のところに行っているから、
ますますごきげんに動き回っている。
でも、もうお姑さんは、居ても居なくてもどっちもいいと感じる自分がいると。

断捨離して、本当の自分の気持ちに気づき、自ら制限を外したことにより、
今の状況で、ごきげんに暮すことができるようになったのですね。

どんなヒト、主人、子供でも、適当な距離感を持つことが大切。

その距離感の始点になるのは、自分軸。

自分軸を知るトレーニングが、断捨離ですね。

2012年1月 シャーリーによる『断捨離レッスン』は、こちら?
http://ameblo.jp/danyouko/entry-11094733255.html


人気ブログランキングに参加しています。記事が参考になったようならクリックしてもらえるとうれしいです! 


関連記事

  1. 断捨離の好転反応って?

  2. 嘘と真実の関係。

  3. 断捨離実践の弊害!? 

  4. お掃除モップブラザーズ?

  5. なんと私、見事に今年が大殺界でした!!

  6. 家事を通して気づくことができる「究極の手放し」