キッチンは、主婦のゆとり空間になる。

ごきげんさまです。
断捨離トレーナーだんようこです。

キッチンを片づけるのは、本当にたのしい。
何度も見直す。
モノは減ったから、見直すのも簡単なのだけど、
なにかないかな・・・と、断捨離眼を働かせる。

システムキッチンの引出し、
 
菜箸が年季が入ってきたなあ・・・。

 
近頃、トングを採用してみた。 
常に使うのは、これだけ。

以前、どんぶりの縁が欠けていたけれど、
なかなか次が見つからなくて、探していた。

 
やっと、見つけた。
新しいモノと出会うのはやっぱりうれしい。

キッチンは、生きていく食の基本の場。
キッチンは、主婦のステージなのだ。
キッチンは、常に片づいている空間になった。
この空間が、主婦の気持ちのゆとりとなった。

 
◆12月の福岡のダンシャベリ会はこちら?
12/15(土)は満席になりました。
http://ameblo.jp/danyouko/entry-11180033610.html

人気ブログランキングに参加しています。記事が参考になったようならクリックしてもらえるとうれしいです!
   ↓


関連記事

  1. 初めて見ました。

  2. 共に大きく展開した福岡6ヶ月コースのフォローアップ

  3. 思いがつくと捨てられない。

  4. 福岡市のゴミ捨てアプリに「夫」と入れてみると?

  5. 自主的に21日間にチャレンジ、果敢な断捨離乙女達。

  6. モノに “思い” をつけるのも自分の選択