夜のつぶやき90〜食べること

こんばんは。
夜のつぶやき。


※4月1日から、96歳の父の介助が必要となり
コロナ禍の「非常事態宣言」のために
トレーナーの仕事も私室からのZoomと切り替わり、
介助が可能となったタイミングに驚きながら、
実家にて父と同居することとなりました。


やましたひでこ公認
   断捨離®トップトレーナー檀葉子です。



食は、何を食べるかよりも誰と食べるか?
という話は、断捨離®講座の「食」のところでも
お話しします。
それが、まさしく実感しています。


私・・・食事が苦痛になっています。


父とは、夕食しか一緒に食さないけれど、
向かい合わせて座ります。
もちろん、会話はありません。


同じくお母さんの介護をしている友人から、
向かいあって食べるのは絶対ダメ。
並んで食べるように、と言われました。
彼女も、以前は向かい合わせていたけれど、
今は並んで食べていると。


なので、私は今、ほぼ毎日、
外でランチをしています。


そうすると、6:15の夕食時は
まだ、お腹が空いていないので、
後で食べる。と言って
一緒に、食べないようにしています。


父は、優しい人なので、
夜8時、9時と私に声をかけてきます。
「めしは、食わんのか〜?」って、
食べていないのが、気になるのです。


まあ、子育て期に息子達が、
ごはんを食べないと気になる母、
その気持ちわかります。


でも、この場合、
私が、準備しているから食べて欲しい。


今は、買い物して、
食事の準備をしたのは私なのだから。
食べても、食べなくてもいいじゃない。
自由にさせてくれ〜。


ああ・・・反抗期? 天邪鬼。

\ にほんブログ村に参加しています/

応援のぽちっ!励みになります
色々な断捨離ブログが読めますので
ぜひクリックしてご覧ください。

 

断捨離トレーナーが開催
Zoomお茶会

福岡断捨離会 檀 葉子
 
 

断捨離®の提唱者 やましたひでこ 情報







無料メルマガ登録する




やましたひでこ公式You Tubeを見る


関連記事

  1. 夜のつぶやき21

  2. 実家の断捨離、ああ物置!

  3. 夜のつぶやき79〜オロナイン軟膏

  4. 実家の断捨離、空間創りへ

  5. 家のライフラインは見えない世界

  6. 敷物の多い家