ただ、それを携えて前へ進むのみ。

夕日の当たるカフェから

枯れ葉の落ちる風景を見るという時間を

持ちました。

枯れ葉がたくさん落ちている。

秋の風景にふさわしい。

もの悲しい・・・、感傷に浸る・・。

いえ、そういうわけでもないのです。

 

 

 

やましたひでこ公認

    チーフ断捨離トレーナー 檀 葉子です。

 

 

 

なんと、自宅のマンション前まで来て、

このカフェに力尽きたという感覚で

立ち寄ってしまったのです。

 

 

 

認知症の母のところへ・・・。

母を見舞うと、帰りはなんともやりきれない思いに

なるのです。

 

 

 

でも、これは悩みではありません。

私の心が騒めいているだけ。

いえ、騒めいてもいない。

 

 

 

ただ、絶望を感じているだけなのかも知れません。

 

 

 

母は、強運だと思います。

今、母が置かれている状況は、

今の母にとって、最良だと思えるから・・・。

 

 

 

でも、私と母の関係性は?

と考えると・・・絶望的です。

 

 

 

哲学を学びました。

そこでありがたいことに「絶望」を知り、

断捨離で「絶望」の扱い方を知りました。

だた、それを携えて前に進む。です。

今は、それのみ・・・。

 

 

 

いろいろな断捨離ブログが楽しめます。

ランキングに参加しています。

応援のぽちっ!

ありがとうございます。

  ⬇

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離トレーナーへにほんブログ村

 

関連記事

  1. 肌の感覚、感じてますか?

  2. 安全安心の場と、娘に伝える伝わること。

  3. 断捨離、例えばさらさら流れる小川。

  4. 今,私は大殺界だった!

  5. 簡単に模様替えしたくなる家、断捨離ベーシック講座始まります。…

  6. 片づけさせたい、片づけてもらいたい。