夜のつぶやき96〜「うう、つめたい!」

こんばんは。
夜のつぶやき。
お久しぶりです。


※4月1日から、96歳の父の介助が必要となり
コロナ禍の「非常事態宣言」のために
トレーナーの仕事も私室からのZoomと切り替わり、
介助が可能となったタイミングに驚きながら、
実家にて父と同居することとなりました。

さて、同居解消までカウントダウンとなりました。


やましたひでこ公認
   断捨離トップトレーナー檀葉子です。



「夜のつぶやき」95で一旦しめた後、
「夜のつぶやき」を読んでくださっていた方が
あちこちで声をかけてくださり、
父に熱いエールを送ってくださっていたと知りました。


そのエネルギーで、父は元気なのだわ。
親孝行な私。


最初に、介護は 6ヶ月と決めて入ったので、
6ヶ月後は、9月30日だったのです。


おかげさまで父はますます元気です。
食欲は益々旺盛。
喜ぶべきことですよね。
元気が一番です。


1週間前の夜に、転んで座椅子の背で胸を打ったそうです。
3日くらいして、打ち身でしょう、
痛いと言って、湿布を貼ってくれと言うのです。


それが、いつも朝の起き抜けに言うのです。


夜、お風呂から上がって言えばいいものを。
この頃は、朝は冷えているのに、
そこで、シャツを捲り上げて待っています。

湿布を貼るってこんな肩や背中のイメージだけど、
胸を突き出して、まさに左胸、心臓のところです。


なので、心臓にショック与えていいかなあ?
と思いながら、
「冷たいよ〜、いいね〜。いくよいくよ、冷たいよ〜。」
と心臓に声をかけながら貼るのです。


父は、「ううう〜〜〜!冷たい!」と
言いながら耐えてます。


きっと、夜は痛くなくて、
朝、起きたら痛みを感じるのでしょうね〜。

ここ3日ほどの儀式です。

私自身が、湿布は気休めと思っているのでね。
そこまでする?と思っちゃうのです。

まさか、父はM系?

いえいえ、薬大好き、ちゃんと対処しようとして
えらいのかな。

\ にほんブログ村に参加しています/

応援のぽちっ!励みになります
色々な断捨離ブログが読めますので
ぜひクリックしてご覧ください。

 

断捨離トレーナーが開催
Zoomお茶会

福岡断捨離会 檀 葉子
 
 

断捨離®の提唱者 やましたひでこ 情報







無料メルマガ登録する




やましたひでこ公式You Tubeを見る


関連記事

  1. 夜のつぶやき35

  2. 夜のつぶやき76〜入れ歯を作る?!

  3. 福岡断捨離会 檀 葉子

    夜のつぶやき92〜金はあるか?

  4. 夜のつぶやき6

  5. 夜のつぶやき64〜炎天下を歩く父

  6. 夜のつぶやき19