5歳の孫が使う「おやしらず」

今朝、孫達が帰っていきました。

アクティブな散らかりから、一挙に片づける。
シーツの洗濯から、一気に拭き掃除まで
久々のギアを上げての片づけは、爽快です。

 

やましたひでこ公認
   断捨離®トップトレーナー檀葉子です。

 

スケジュールがタイトでした
21日から24日まで、リヒトでクリスマス会
25日朝の飛行機で、娘と孫たちが帰福

指宿リヒトでの、みなさんとの感動に浸る間もなく、
次の非日常へ飛び込んでしまった。(完全なるばあば業)

それは、私にとっては異次元空間?と思うような子供の世界
半端ない終わりを知らない子供のエネルギーの世界。
もうご勘弁を〜。

image

(寒くてもショッピングモールより海に行きたい)

今年、5月に別れてきた東京の孫ちゃん達。
すっかり元気になった妹孫ちゃん。
日本語が流暢って言われて・・・5歳にして大人っぽい会話も。

おかしかったのは、
「ママは、おやしらず!」と怒っていう言葉。

「おやしらず」って
この前パパが抜いた歯のことだよと突っ込む大人。

「それ、どうゆう意味?」と聞いてみたら、
「私がわかっているのに、注意されたことは、
ママは、こどもの気持ちがわかっていない!」
とちゃんと説明するのです。

あ〜、それは、「親の心、子知らず。子の心、親知らず・・・」
をどこかでインプットしたよう。
使い方は、間違っていない。
 

〈親の心子知らず〉
深い愛情と思慮にもとづいて考えている親の心も知らないで、
子供は勝手気ままな行動をしているという非難の言葉

〈子の心親知らず〉
親は子のほんとうの心を知らぬというが、じつは成長してゆく子供の心理に追いつけないで、
子供は無思慮なものと、親が決めこんでいる場合が多いことをいう。

あるあるですね。
今は、特に子供の意識世界の成長は早いと思います。

この世界は言葉の世界、SMS等で言葉は溢れている。
意味もちゃんとわかっている。

どんな言葉に出会い、それを習得するかはその子のタイミングなんだな。
そして、言葉が個々の世界を作っていくよう。

さて、やっと常識だらけの次元に戻ってきたばあばです。
それはそれで、守られている世界だとも感じる孫達が去った片づいた空間です。

 

 

 

\ にほんブログ村に参加しています/

 
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離トレーナーへ 
 にほんブログ村

応援のぽちっ!励みになります
色々な断捨離ブログが読めますので
ぜひクリックしてご覧ください。

 

🚩やましたひでこの本📕

3冊‼️発売です。

人生が変わる 1日1つ断捨離 永岡書店
シニアの断捨離決定版 宝島社
おひとりさまの断捨離®︎ 光文社

 

 

 

 友だち追加

ここからスタートします。
どうぞ、楽しんでくださいませ。
 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【お知らせ】

✳️指宿リトリート会員募集
https://www.dansharizaidan.com/ibuseki-jizen

✳️九州の断捨離®トレーナー達
http://断捨離九州.

やましたひでこ公式You Tubeを見る

✳️ やましたひでこ公式メルマガ登録
https://yamashitahideko.com/

✳️   BS朝日『ウチ、断捨離しました!』
https://www.bs-asahi.co.jp/danshari/

毎週火曜日 BS朝日夜9:00〜
見逃し動画配信:TVer

✳️ 全国トレーナー活動がカレンダー形式でご覧いただけます。
断捨離トレーナー <カレンダー>

✳️ 一般財団法人断捨離
https://www.dansharizaidan.com/trainer

✳️ フォロワー募集中
Facebook 一般財団法人 断捨離

 

 


関連記事

  1. 前例のない我らは断捨離トレーナー in 二子玉川

  2. 「こわい」は、やりたいということ

  3. 空間の気を変えるために。

  4. 大きないただき物!?

  5. 溜ったモノは出す。カラダの断捨離

  6. 『岡山断捨離会』 スタートです。 講師はシャーリー(だんよう…