もっとも感動したのは、ヒト。

ごきげんさまです。
断捨離トレーナーだんようこです。

南アフリカの旅は、
花園、果肉植物、広大な景色、多様な地層、
動物達、ワイン、グルメ、サファリロッジ。
どれも同じくらい素晴らしかった。
 
 
 
この旅で一番感動したものをあげるとしたならば、
なんといっても、アテンドしてくださった
写真家の野村哲也・明子ご夫妻。
 
 image14-300x225[1]
 
地球ベースに、二人三脚で暮している。
その暮らしは、モノをもたない断捨離チックな暮らし。
 
 
明子夫人は、医師の職を一時おろし、
夫に寄り添う。

 

明子夫人の思いやりと、その気遣いに感じ入った。

お二人のやりとりがとても心地よい。

現代に、まだこんな夫婦がいるのだと、心に沁みた。

それは、やはり我が身を振り返らずにはいられない・・・。

 

 

ひでこさんとご縁があった

知らずダンシャリアンの

ご夫婦に10/19福岡で会えます。

 

 

 野村哲也の

南アフリカの自然の写真展と講演会

http://fieldvill.blog115.fc2.com/blog-entry-1780.html

「祝!世界遺産登録! ナミブ砂漠の神秘」

 P1070627

 

P1070623

 

もう一人の講演者は、南米ペルー在住の博物館事務局長。

ペルー屈指の文化研究家 坂根 博氏(写真 左)

「砂漠に生まれた奇跡の文明 ナスカ」

を、語ってくれます。

お問い合わせ 文化芸術情報館アートリエ  092-281-0103

 

断捨離アマゾネスも参加します。

もう一度、南アフリカの旅をします。

 

 

WaRa合宿が、来週に迫りました。

あと3名参加可能です。  ⇊

シャーリー&みなみちゃんの『VIVA !  断捨離』合宿 in WaRa

ご一緒いたしましょう。

 
 
 
 
いつも応援のポチッありがとうございます。


にほんブログ村


関連記事

  1. 梅雨の時期

  2. 手放して出し切って、ごきげん

  3. ありがたい!歯医者さんってこんなにデジタル。

  4. 「家事の断捨離」思考を磨く家事の指南書

  5. トイレがグレードアップしたよう!

  6. みんなで乗り越える、明るすぎるグループコンサルティング

断捨離を始めてみようよ
メールアドレス(必須)
お名前





セミナー・講演会 スケジュール

直近のイベント
1月
19
11:00 AM 2020年1月、東京『断捨離®めぐる...
2020年1月、東京『断捨離®めぐる...
1月 19 @ 11:00 AM – 2:00 PM
2020年1月、東京『断捨離®めぐる実践3回コース』
2020年1月、東京『断捨離®めぐる実践3回コース』  全て満席になりました。キャンセル待ちを受け付けています。 ・日曜日コース    1月19日、2月9日、23日 ・平日コース       1月20(月)、2月10日(月)、21日(金)                              ・新設・平日コース  1月21日(火)、2月11日(火)、20日(木)             時間は、 11:00〜14:00   会場 :大門駅周辺(後ほどご連絡いたします)    参加費:45,000円    キャンセル待ちは、こちら https://ws.formzu.net/dist/S41193280/   【講座内容の詳細】 断捨離の基礎を学びながら21日間の継続実践を仲間とシェアしながら、断捨離の考え方を身につけていきます。   本来、この実践コースは、初めて断捨離に取り組む方を対象にしていました。   今回、東京では、断捨離実践1年以上の方を対象に参加募集いたします。(自己申告で大丈夫です)   1年以上、断捨離に取り組まれて、あらから土砂を出したと思われる方。  自分軸空間軸自在軸  いよいよ、そこへ進み、そこから、次の山を登ることを目指していきましょう。  さあ、断捨離の空間の力を知るために、ご一緒に学んでいきましょう。  〜〜〜〜〜〜〜 断捨離のテキストの内容は、 モノとの関係Ⅰ~Ⅴ空間軸Ⅰ~Ⅲ意識Ⅰ~Ⅱ   実践3回コースは、まずは、徹底的にモノとの関係を問い、モノ軸から自分軸の確立をめざします。そのトレーニングが、実践です。    そして、だんだんと自分軸で考えることができるようになると、モノが減って、家が片づいてきてスッキリします。実は、それは、断捨離の目的ではありませんね。    それは、ほんの序章。 序章入り口かもしれません。断捨離の目指すは空間創り。    空間創りが生活に、人生に、自分のあり方に、自分の生き方に、反映していくのです。    なので、今回は、東京では、空間軸Ⅰ~Ⅴ、意識Ⅰ~Ⅱのほうに重点を置いてみようと考えています。    私はまだまだ先だわと思う必要はありません。    同じ裾野をぐるぐる回ってばかりでは、なかなか自分の場所は、自分ではわからないモノです。ちょっと高みと思われるとこから眺めてみるのもいいかもしれませんね。 キャンセル待ちは、こちらhttps://ws.formzu.net/dist/S41193280/