南米初体験〜カクさんスケさんの旅9〜

いったい何日南米にいたのかしら?

だんだん身体は、慣れてくる。

旅行は、自分の身体機能の再確認だと

思える。

全細胞が、必死で順応しようとしている。

そして、後半に行くほど、

だんだんラクになっていく。

 

1891285_929350207080008_4035233322922525772_n

 

 

 

 

 

断捨離トレーナー檀 葉子です。

 

 

 

 

一昨年、ブータンに行った時より、

昨年、南アフリカのほうが、ラクになった。

今年は、昨年より、もっといい感じ。

 

 

 

20年来の腰痛持ちだと信じていた私は、

長時間の飛行機は無理だと、とても気が重かった。

なんと、今では26時間も平気。

そう、3年前から腰痛なんて全くなしの日常に

なったんでした。

こうして、もう年だからムリと

思って躊躇していたことは、

単なる思い込みだったんだなと知りました。

 

 

 

 

海外を旅をして、身体に感じる強烈な刺激。

それは、いままでがぬるま湯状態だったってこと?

刺激を受ければ、活性していくということかしら?

若返るってことかしら?

 

 

 

 

 

リマは大都会で、とっても活気があるのだけど、

ナスカの砂漠地帯の家はこんな感じ。

 

P1090110

 

 

 

P1090109

 

さながら、これは新規分譲住宅?

年間降水量が1ミリの地帯。

ただ日よけ、風よけがあれば家として、

初めの一歩のようで・・・。

 

 

 

ここに暮らすとなると、モノも限られる。

というか、モノはなくて生活している。

 

 

 

私達の暮らしは、もうとっくにこの時期は過ぎている。

ただ、生きることから、活きていくことに、

そして、より良く暮らしていくことに。

その選択と決断を、

自らの智恵を持って実践することが可能な “今” にいる。

 

 

 

さて、ペルーは、とっても遠い土地、

とっても遠い歴史の次元に

行ってきたのだけど、

“ 今・ここ” に活きる私達。

強い刺激と捉えて、

現実に帰ることにいたします。

 

 

ランキングに参加しています。

応援のぽちっ!

ありがとうございます。

見てやってください。⬇

 

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村

 

  にほんブログ

 

 


関連記事

  1. メンテナンスを継続させるために定期的に足を運ぶ

  2. 日常の心の違和感を探って飛んでみる。

  3. 空間はゆとり

  4. 「時間・空間・手間」間が待てない子育て。

  5. 95ページの断捨離実践レポート

  6. お雛様・・触って、投げて、破壊して。

断捨離を始めてみようよ
メールアドレス(必須)
お名前





セミナー・講演会 スケジュール

直近のイベント
2月
2
1:00 PM 2020年2月、京都『断捨離®めぐる実...
2020年2月、京都『断捨離®めぐる実...
2月 2 @ 1:00 PM – 4:00 PM
2020年2月、京都『断捨離®めぐる実践3回コース』
2020年2月、京都『断捨離®めぐる実践3回コース』     2020年2月2日・3月8日・29日(日曜日) 満席          時間は、 13:00〜16:00 会場 :   京都テルサ http://www.kyoto-terrsa.or.jp/parking/  追加で平日開講 2月3日・3月9日・30日(月曜日)               9:30~12:00 (そのあとランチ) 会場 : 2月3日      京都テルサ   http://www.kyoto-terrsa.or.jp/parking/      3月9日・30日     ハートピア京都   http://heartpia-kyoto.jp/access/access.htm             参加費:45,000円  お申し込みはこちらhttps://ws.formzu.net/dist/S41193280/   【講座内容の詳細】 断捨離の基礎を学びながら21日間の継続実践を仲間とシェアしながら、断捨離の考え方を身につけていきます。   自分軸空間軸自在軸  いよいよ、そこへ進み、そこから、次の山を登ることを目指していきましょう。  さあ、断捨離の空間の力を知るために、ご一緒に学んでいきましょう。  〜〜〜〜〜〜〜 断捨離のテキストの内容は、 モノとの関係Ⅰ~Ⅴ空間軸Ⅰ~Ⅲ意識Ⅰ~Ⅱ   実践3回コースは、まずは、徹底的にモノとの関係を問い、モノ軸から自分軸の確立をめざします。そのトレーニングが、実践です。    そして、だんだんと自分軸で考えることができるようになると、モノが減って、家が片づいてきてスッキリします。実は、それは、断捨離の目的ではありませんね。    それは、ほんの序章。 序章入り口かもしれません。断捨離の目指すは空間創り。    空間創りが生活に、人生に、自分のあり方に、自分の生き方に、反映していくのです。    なので、今回は、東京では、空間軸Ⅰ~Ⅴ、意識Ⅰ~Ⅱのほうに重点を置いてみようと考えています。    私はまだまだ先だわと思う必要はありません。    同じ裾野をぐるぐる回ってばかりでは、なかなか自分の場所は、自分ではわからないモノです。ちょっと高みと思われるとこから眺めてみるのもいいかもしれませんね。     お申し込みはこちらhttps://ws.formzu.net/dist/S41193280/