母の断捨離

私は、シャーリー。
今わたしは、母に対して、幼稚園の先生
結構楽しめる。

母はもう私の親をしなくていい。
親でない母と付き合うのは、はじめて。
なので、あ~~~と、

自分のルーツはここかと思い当たる。
う~~とか、ほう~とか見せてくれる
親ってすごいなあ。

ぼけてまで、自分の身をもって子供に見せてくれるんだ・・・。
思わず、手を合わせずにはいられない・・・・。
まだ、ご先祖様にはなってないちゅうに!

母の断捨離・・・記憶の断捨離・・・なのか?
私達は、なんでもかんでも、これもあれもとりこんできた。
いままでは(たし算)プラス、イメージはアクティブ
断捨離は(引き算)マイナス、イメージはネガティブ
どうも、今度は時代はプラスからマイナス、アクティブからネガティブに
流れてきている気がする。

現に、私の引きこもりの友、3冊にすでに「引き算」だよって語っている。
母は今、自ら名乗りをあげた父を執事とし、周りからやさしくされて、
食事は上げ膳、据え膳で、

娘からは、自分では、決して選ばないであろう明るい服を
着せ替え人形のように着せられ、健康なのだ。
記憶の断捨離の賜物?

断捨離の目論見は、健康、安全、安心、開放感、爽快感を手に入れること。
母は、結構いいかも。


関連記事

  1. 食器の山ちゃん

  2. 家庭訪問は、やっぱりドキドキ・・・。

  3. ああ、高級ブランドバッグが生きていない。

  4. 梅雨の晴れ間。

  5. 感動冷めやらぬ『断捨離講座』入門編

  6. 世界は「言葉」で展開する。