WaRa 船越さんの熱い思い。 食とは・・?

お知らせ  

申込みはお急ぎください。


P1060589

9/4(水)特別講演 「やましたひでこの断捨離入門」in東京

http://123direct.info/tracking/af/543866/SNaI2jz1/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ごきげんさまです。
断捨離トレーナーだんようこです。

神戸でのお祭りの講師のお一人として、
百姓屋敷 WaRa の、船越康弘さんが参加された。

IMG_3202 (2)

完全にアホになっております。

船越さんのお話は、
私達にとって、もっとも身近で、
大切な食について。

今、栄養学の研究が進み、
毎日30品目が必要だとか、
栄養バランスが大切だとか、
たくさんの情報を知った。

でも、果たして人類は、今までそうしてきたのだろうか?

そんなことが言われ出したのは、
ここ戦後の40年くらい。

私達のカラダは、その土地の、その時の旬のものを
食べて、作られてきた・・・何億年もかけて・・・。

だから、カラダが知っている。
何が必要で、何がふさわしいかを。

 

私は、カラダにいいもの、カラダに悪いもの、

献立のバランスとか

そんなことばかりを考えて料理をしてきた。

私も、この話を聞いて、
溜めていた料理本や献立本、
レシピを大量に捨てたのだった。

そして、それからの料理がとっても楽になった。

 

 

さらに、食事はどんなものを食べるかよりも、

どんな場所で、どんな雰囲気で、だれと食べるかによって、

カラダに取り入れられる状態が変わる。

 

 

食物に対して、これはカラダに悪いとか

これはカラダにいいとかそんなことは、

取り入れる側の勝手な解釈。

 

 

食べたいものを、食べたいだけ食べる。

それが、本来のあり方。

 

 

WaRaには、船越さんが薦める重ね煮がある。

野菜の命をすべて頂く重ね煮。

 

P1040918

 

その WaRa において、断捨離合宿を開催します。

断捨離は命の輝きの取り戻し。

食も、カラダも、そしてモノも私達には

欠かせないもの。

 

 

本当に必要なモノはなに?

本当にふさわしいモノはなに?

 

 

すべて、自分が知っています。

 

 

こんな素晴らしいところで、

一緒にそれぞれの断捨離をシェアしましょう。

 

 

 最新情報をご確認ください。↓

9/11・12  『VIVA ! 断捨離』合宿 in WaRa

 

 

 

 

読んでくださって、

応援のポチっ 

ありがとうございます。⇊

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村

 

 


関連記事

  1. 今の自分で管理できる範囲で。

  2. 場を変える、今のステージが変わる。

  3. 「反省」とは? 反省しない女。

  4. 布団の断捨離

  5. 希少なモノに価値を見出す。

  6. これは、意図的に採用。

断捨離を始めてみようよ
メールアドレス(必須)
お名前





セミナー・講演会 スケジュール

直近のイベント
3月
19
11:00 AM 2020年3月、東京『断捨離®めぐる実...
2020年3月、東京『断捨離®めぐる実...
3月 19 @ 11:00 AM – 2:00 PM
2020年3月、東京『断捨離®めぐる実践3回コース』
2020年3月、東京『断捨離®めぐる実践3回コース』                 ・木曜日コース  3月19日、26日、4月 9日     ・土曜日コース  3月21日、28日、4月11日 満席になりました                         時間は、 11:00〜14:00   会場 :未定(後ほどご連絡いたします)    参加費:45,000円  お申し込みはこちら https://ws.formzu.net/dist/S41193280/   【講座内容の詳細】 断捨離の基礎を学びながら21日間の継続実践を仲間とシェアしながら、断捨離の考え方を身につけていきます。   本来、この実践コースは、初めて断捨離に取り組む方を対象にしていました。   今回、東京では、断捨離実践1年以上の方を対象に参加募集いたします。(自己申告で大丈夫です)   1年以上、断捨離に取り組まれて、あらから土砂を出したと思われる方。  自分軸空間軸自在軸  いよいよ、そこへ進み、そこから、次の山を登ることを目指していきましょう。  さあ、断捨離の空間の力を知るために、ご一緒に学んでいきましょう。  〜〜〜〜〜〜〜 断捨離のテキストの内容は、 モノとの関係Ⅰ~Ⅴ空間軸Ⅰ~Ⅲ意識Ⅰ~Ⅱ   実践3回コースは、まずは、徹底的にモノとの関係を問い、モノ軸から自分軸の確立をめざします。そのトレーニングが、実践です。    そして、だんだんと自分軸で考えることができるようになると、モノが減って、家が片づいてきてスッキリします。実は、それは、断捨離の目的ではありませんね。    それは、ほんの序章。 序章入り口かもしれません。断捨離の目指すは空間創り。    空間創りが生活に、人生に、自分のあり方に、自分の生き方に、反映していくのです。    なので、今回は、東京では、空間軸Ⅰ~Ⅴ、意識Ⅰ~Ⅱのほうに重点を置いてみようと考えています。    私はまだまだ先だわと思う必要はありません。    同じ裾野をぐるぐる回ってばかりでは、なかなか自分の場所は、自分ではわからないモノです。ちょっと高みと思われるとこから眺めてみるのもいいかもしれませんね。 キャンセル待ちは、こちらhttps://ws.formzu.net/dist/S41193280/