WaRa 船越さんの熱い思い。 食とは・・?

2013.08.20

お知らせ  

申込みはお急ぎください。


P1060589

9/4(水)特別講演 「やましたひでこの断捨離入門」in東京

http://123direct.info/tracking/af/543866/SNaI2jz1/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ごきげんさまです。
断捨離トレーナーだんようこです。

神戸でのお祭りの講師のお一人として、
百姓屋敷 WaRa の、船越康弘さんが参加された。

IMG_3202 (2)

完全にアホになっております。

船越さんのお話は、
私達にとって、もっとも身近で、
大切な食について。

今、栄養学の研究が進み、
毎日30品目が必要だとか、
栄養バランスが大切だとか、
たくさんの情報を知った。

でも、果たして人類は、今までそうしてきたのだろうか?

そんなことが言われ出したのは、
ここ戦後の40年くらい。

私達のカラダは、その土地の、その時の旬のものを
食べて、作られてきた・・・何億年もかけて・・・。

だから、カラダが知っている。
何が必要で、何がふさわしいかを。

 

私は、カラダにいいもの、カラダに悪いもの、

献立のバランスとか

そんなことばかりを考えて料理をしてきた。

私も、この話を聞いて、
溜めていた料理本や献立本、
レシピを大量に捨てたのだった。

そして、それからの料理がとっても楽になった。

 

 

さらに、食事はどんなものを食べるかよりも、

どんな場所で、どんな雰囲気で、だれと食べるかによって、

カラダに取り入れられる状態が変わる。

 

 

食物に対して、これはカラダに悪いとか

これはカラダにいいとかそんなことは、

取り入れる側の勝手な解釈。

 

 

食べたいものを、食べたいだけ食べる。

それが、本来のあり方。

 

 

WaRaには、船越さんが薦める重ね煮がある。

野菜の命をすべて頂く重ね煮。

 

P1040918

 

その WaRa において、断捨離合宿を開催します。

断捨離は命の輝きの取り戻し。

食も、カラダも、そしてモノも私達には

欠かせないもの。

 

 

本当に必要なモノはなに?

本当にふさわしいモノはなに?

 

 

すべて、自分が知っています。

 

 

こんな素晴らしいところで、

一緒にそれぞれの断捨離をシェアしましょう。

 

 

 最新情報をご確認ください。↓

9/11・12  『VIVA ! 断捨離』合宿 in WaRa

 

 

 

 

読んでくださって、

応援のポチっ 

ありがとうございます。⇊

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村